TopAdmin

プロフィール

youkuma

Author:youkuma
ようこそ熊本ブログへようこそ?
「ようこそ熊本」は、県外から熊本へ転勤などで来られた方々に、心ゆくまで熊本を満喫してもらうため、地元熊本の20代、30代との交流の場として2006年4月にスタートしました。

このブログでは、「ようこそ熊本」のイベント情報や、熊本に関する情報を載せていきます!

カウンター
ブログ内検索
お天気
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
掲示板
下のボタンを押すとミニ掲示板に書いたり、読んだりできます!みんなへのお知らせやコメントに活用してください!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
安藤忠雄氏講演会に参加してきました。
9月5日20時から、熊本テルサに1,000名ほどが集まり講演会は開催されました。

熊本都市圏 水 を活かしたまちづくりリレーフォーラムの第1回としての講演で、タイトルは「観光立国日本における今後のくまもとのまちづくりを考える」でした。

氏は独学で建築を学び、実績を積まれ、日本を代表すると共に現在世界で最も注目されている建築家の1人です。建築界のノーベル賞と言われるプリッカー賞も授与されています。

講演の中で氏は、「まちづくりの原点は『長生き』だ」と言われました。「長生きができるということは、それだけ好奇心を持った人が多く、好奇心をかき立てることも多。そういう点を外国から評価されていることを日本人は知らない。」

「長生きのできる国日本を男女別に見ると、女性が男性よりも長生きであり、実際に、定年後はゴルフに行くか、寝ているような男性が多く、ほぼ人生が終わりかけている反面、美術館めぐりや習い事など好奇心の赴くままに行動して長生きするのが女性である」との説明をされました。

「ゴルフをするか寝ているかといった生活ではダメであり、つい足を運びたくなる、うろうろしたくなる魅力ある地域を創っていくことが必要」「熊本にあるアートポリスや熊本城を再評価し、県民が一体となってまちづくりに参加しなければならない。これがないと熊本は新幹線開通後に通過駅になってしまうだろう」と言われました。

では、氏はどんな好奇心を抱き、夢を持ち、行動されているのか。

こうした問いかけを見透かすかのように話は展開し、現在ご自身の手がけている仕事から、瀬戸内海の環境改善のためのオリーブ基金(http://www.olive-foundation.org/syuisyo.html)やベネッセの福武氏とのベネッセアートサイト直島におけるコレボレーション(http://www.naoshima-is.co.jp/concept/art/index.html)さらには、美しい大阪を創るための桜の植樹運動など、建築家というようりも「まちづくりの仕掛人」としての取組や話題を多く提供して頂きました。

結論としては「熊本のことは熊本に住むあなた達が必死に考え、行動しなさい」ということでしたし、演題と内容があんまり関係がないところに大物さをいかんなく発揮されていましたが、「地球がダメになったら自分の好きな建築もできない」というお考えから、主体的に環境に配慮したデザインやコンセプトで仕事や活動をされている氏の圧倒的なパワーに、熊本のまちづくりにも行政ばかりでなく、県民ばかりでなく、熊本に縁のあった人達みんなが「主体性を持ってかかわる」ということが大事なんだという強烈なメッセージを受け取りました。

大変有意義な時間でありました。
スポンサーサイト
2007.09.06(Thu)  熊本(イベント)COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。